早く治療した方がいいAGAどんな治療薬があるの?

AGA

AGAとは、男性ホルモン型脱毛症のことで、主に成人男性に見られます。

生え際や頭頂部から薄くなっていくのが特徴です。

進行形なので、放置していても治ることはありません。早めの治療が効果的です。

ハゲのタイプ別

【M字タイプ】

前髪の生え際が後退することで、正面から見たときに「M」の形になるタイプです。

〜治療法〜

ジヒドロテストステロンの生成に必要な5αリダクターゼII型を阻害するフィナステリドなどの内服薬を服用するのがおすすめです!また、併用して発毛を促すミノキシジルを服用することも効果的です!

【O字タイプ】

頭頂部の髪が薄くなり、上から見たときに「O」形となるタイプです。

後頭部は自分で確認することが難しいため、家族や友人から指摘されて気づくことが多いようです。AGAとFAGA(女性薄毛)は、頭皮環境の乱れ、ストレスなどさまざまな原因で起こります。

〜治療法〜

頭頂部は血管が少ないので血行を促すミノキシジルを使うことが大切です。

【U字タイプ】

M字タイプが進行して前頭部の髪が薄くなり、前から見たときに「U」に見えるタイプです。

またO字と併発する場合もあります。

〜治療法〜

ミノキシジルとフィナステリドを併用することで、効率的な改善が期待できます。

AGAの進行度合い

【I型】

前髪の生え際から後退して、M字を形成しつつある状態

【II型】

I型よりも進行して、M字ラインが深くなった状態

【ⅡVertex型】

II型に加えて、O字タイプのハゲにもなっている状態

【Ⅲ型】

II型よりもM字ラインが深くなり、前頭部の髪も薄くなった状態

【ⅢVertex型】

III型に加えて、O字タイプのハゲにもなっている状態

【Ⅳ型】

III型よりもM字が深くなり、O字タイプのハゲにもなっている状態

【Ⅴ型】

IV型よりもM字が深くなり、頭頂部のハゲも広がった状態

【Ⅵ型】

M字が後退するとともにO字の範囲が広がることで、ハゲが繋がってしまった状態。後頭部と側頭部の髪だけがある状態です。

【Ⅶ型】

VI型がさらに進行し、側頭部までも薄くなる状態。後頭部の髪も、頭頂部に近いところからは発毛しなくなります。

ハゲ進行https://www.do-s.ne.jp/hair_knowledge/aga/49

ハゲる原因

【ストレス】

ストレスが大きくなると、自律神経の乱れによりホルモンバランスが崩れます。AGAは男性ホルモンによって起こりますので、ホルモンバランスが崩れるとAGAが進行してしまう恐れがあります。これに加え、交感神経が優位になるため血管収縮が起こり、血行不良も起こります。これらが原因で、髪の毛の栄養が不足したりヘアサイクルが崩れたりしてしまいます。

【生活習慣】

睡眠不足、食生活の乱れ、運動不足、飲酒や喫煙など、生活習慣に問題があっても、髪の毛の成長が妨げられます。

睡眠不足の状態だと皮膚代謝の低下や皮脂の増加などが起こります。これにより健康な毛が生えずらくなったり、抜けやすくなったりしてしまいます。

栄養が偏ると、髪の毛の成長に必要なタンパク質や亜鉛などが不足する結果を招きます。

運動不足により筋力が低下すると、血行不良などが起こります。そのため、必要な栄養素が頭皮まで行き渡らない可能性が出てきます。

過度の飲酒や喫煙をしてしまうと、髪の成長に必要な栄養素が大量に消費されてしまいます。

間違ったケアの方法】

頭皮を清潔に保とうとして1日に何回もシャンプーするのは、絶対にやってはいけないヘアケアなのです。力を入れて頭皮をゴシゴシ洗ったり、シャワーの湯温が高過ぎたりしても、結果として頭皮にダメージを与えてしまいます。また、朝にシャワーするのもよくないです。なぜなら夜寝ている間には頭皮に油が出てきます。その油が紫外線から守ってくれるので朝にシャワーを浴びてしまうと必要な油分まで洗い流してしまうので控えるようにしましょう。

遺伝】

薄毛を遺伝する確率は母方の祖父が薄毛の場合AGAを発症する確率が高いと言われています。

確率としては、母方の祖父が薄毛の場合で75%

母方の祖父と曽祖父ともに薄毛の場合で約90%と言われています。

AGAとは

AGAと男性ホルモンは、深く関係しています。

男性ホルモンのひとつであるテストステロンが、「5αリダクターゼ」という酵素の働きにより、「ジヒドロテストステロン」に変換されます。

そのジヒドロテストステロンは悪性の男性ホルモンであり、AGAが進行する原因になります。

この悪性の男性ホルモンはAGAのほかにも前立腺肥大やニキビの原因となります。

【5αリダクターゼⅠ型】

5αリダクターゼⅠ型は、側頭部や後頭部、ほぼ全身の毛乳頭細胞に存在します。

【5αリダクターゼⅡ型】

5αリダクターゼⅡ型の場合、頭皮・脇・髭・陰毛等の毛乳頭細胞に存在します。
頭皮の場合、主に生え際や前頭部・頭頂部に多く存在しています。

このうち薄毛やAGA発症の原因となるジヒドロテストロンへ変化しやすいのは、5αリダクターゼⅡ型であると言われています。

5αリダクターゼは人により分泌量が異なり、5αリダクターゼの分泌量が多ければ多いほどAGAを発症しやすく、少なければ少ないほどAGAを発症しにくいとされています。

プロペシア(フィナステリド)

プロペシア(フィナステリド)は主に薄毛の原因と言われている5αリダクターゼⅡ型の活動を抑制し、AGAや薄毛を予防してくれる治療薬です。

その抜群の効果から様々なジェネリック医薬品が存在しています。

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロ(デュタステリド)は5αリダクターゼⅠ型とⅡ型両方を抑制してくれる治療薬です。
プロペシアに次いで、2番目に承認されたAGA治療薬です。

プロペシアよりも1.6倍もの効果があると言われていますが、その分副作用が出る確率も高くなりますので、まずはプロペシアから初めて見ることをおすすめします。

AGA治療薬ならネットで購入!

病院で処方することもできますが、ネットからでもジェネリック医薬品が手に入ります!

https://genecli.com/

是非一度HPだけでも見てみてくださいね!

100%正規品しか取り扱ってませんので安心して服用することができますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました