【低用量ピル】の売り上げランキング

Uncategorized

望まない妊娠を避けるために使用するのが低用量ピルです

コンドームでの避妊は100%出ないのに対し、低用量ピルは99%という高い避妊率の実績を持ちます。

また避妊だけでなくニキビや生理痛、PMSなどにも効果があることから避妊以外を目的とした使用にも注目が出ています。

1位トリキュラー

トリキュラー

1箱21錠・・1210円

3箱63錠・・3450円

6箱126錠・・6220円

※2022年3月30日時点

【第二世代ピル】三相性タイプ

トリキュラーは国内のほとんどの産婦人科で処方されています。

【特徴】

避妊成功率は99%

第二世代ピルは服用中に不正出血が起こりにくいと言われています。

また三相性タイプは生理周期に合わせて錠剤を飲む順番が決まっておりますので体への負担が少なく副作用の出現率も抑えることができます。

トリキュラーはこちらから!

2位マーベロン

マーベロン

1箱21錠・・2300円

3箱63錠・・4500円

6箱126錠・・8500円

※2022年3月30日時点

【第三世代】一相性タイプ

特に日本での処方が多いピルです。

特徴】

一相性ピルなので飲む順番が決められていません。そのため飲み間違いも少なく扱いやすいピルと言えます。

ニキビや肌荒れなどにも効果があります。

マーベロンはこちらから!

3位ヤーズ

ヤーズ

1箱28錠・・2860円

3箱84錠・・7900円

6箱168錠・・14140円

※2022年3月30日時点

【第四世代】一相性タイプ

低用量ピル。

特徴】

国内で月経困難症、PMSの治療薬として認可を受けています。

ニキビやむくみなどの副作用は少なく
不正出血や血栓症のリスクは他の薬に比べて出現率が低いです。

重たい生理痛でお悩みのかたに特におすすめです。

ヤーズはこちらから!

4位ヤスミン

ヤスミン

1箱21錠・・2560円

3箱63錠・・7100円

6箱126錠・・12710円

※2022年3月30日時点

【第四世代】一相性タイプ

日本の産婦人科で最も処方率が高い

特徴】

一相性ピルなので飲む順番が決められていません。そのため飲み間違いも少なく扱いやすいピルと言えます。

避妊薬としてだけでなく、更年期障害や月経困難症にも用いられる低用量ピル。

ヤスミンはこちらから!

5位フェミロン

フェミロン

1箱21錠・・2060円

3箱63錠・・5770円

6箱126錠・・10340円

※2022年3月30日時点

【第三世代】一相性タイプ

有名なピルの先発薬マーベロンと同成分で低価格

特徴】

特にニキビや肌荒れなどに効果があります。

肌つやを整え、体毛が薄くなる効果もあります。

体重増加も起こりにくく、副作用の不正出血も起こりにくくなり、
これまでのピルで副作用が気になった方には特におススメのピル。

フェミロンはこちらから!

中用量ピル

ピルには低用量ピルの他に、超低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルがあります。

異なるところは女性ホルモンである卵胞ホルモンの配合量です。

ピルはホルモンの配合量が多ければ多いほど効果に現れます。

しかし副作用の症状も強まってしまうというデメリットもありますので気をつけてください。

1960年から1970年代にかけては高用量ピルが一般的でしたが、副作用が強く見られたため、現在では超低用量ピルから中用量ピルまでの処方が一般的です。

中用量ピルは主に、生理日の移動やリセットといった目的で使用されます。

オブラルG

1箱20錠・・1960円

3箱60錠・・3600円

6箱120錠・・5800円

※2022年3月30日時点

【第一世代】一相性タイプ

プラノバールのジェネリック医薬品

特徴】

避妊だけでなく、機能性子宮出血や月経困難症など多くのお悩みに応えるお薬。

生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させる働きもあり、多くの症状に効果を期待できます。

また緊急避妊薬 としても使用できます。

オブラルGはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました